2015年度初夏の番組発表会 企画者コメント

※コメント無しは非掲載

総指揮コメント

2年・山田明美

この度はご来場ありがとうございました! 総指揮の片割れ、山田明美です。 年に一度の外部会場での番発。 お客様に楽しんでいただけるよう、そして部員自身が楽しめるようできる限りの尽力をしたつもりです。

こちらは都心から離れた八王子まで来ていただいている身。 とびきりの時間を過ごしていただこう、と長い間考えてきました。 小さなトラブルはいくつかありましたが、無事に終演を迎えることができ嬉しく思っています。 来場してくださった皆様、OB,OGの方々、部員、そして一緒に総指揮として動いた中井、本当にありがとうございました!

勝手な個人目標であった"中井をどうにかして目立たせる"ことも叶いましたので、もう言うことはありません。笑 秋番では、今回の初夏番総指揮が2人とも企画者として関わります。 都合が合いましたら、是非お越しください。

来年の初夏番はDJやりたいなぁ…!

2年・中井達文



作品感想

第1部

第1部司会

1年・神保和希

初夏の番組発表会ご来場いただきありがとうございました! 正直、司会がこれ程難しいものだと思っていなく、何度か挫けそうになりましたが、今はやり遂げた充実感でいっぱいです(*^^*) モニターシートにも、お褒めの言葉が多くあり、ホッとしています。 ただ同時に、自分でもミスをしたなと思う所もあったり、皆様からご指摘を頂いた所もあり、自分の未熟さも痛感いたしました。 これを次に向けてのモチベーションにして、頑張りたいと思います!! 最後にもう一度、ご来場いただきありがとうございました!

2年・山縣尚史

2年生でありながら、一年生に引っ張られるという、なんとも恥ずかしいところをお見せしましたが、暖かいコメントをいただき、「またできてよかったな」と感じました。これからも精進してまいります。本当にありがとうございました!


モニターシートに記入して下さった皆様ありがとうございます。 ラジオのスタジオは世田谷区にあるstudio-baytreeというレコーディングスタジオを借りて行いました。 カメラワークについてのアドバイスが多かったので今後の参考にさせていただきます。 僕は深夜ラジオが好きが高じてこの作品を作りました。ラジオが好きというコメントが多く寄せられて嬉しかったです

野球を視覚無しで伝えるのは困難でしたが、内容が伝わったみたいで良かったです。次はさらに磨きをかけ、風景を目の前に表します。ありがとうございました!



第2部

第2部司会

1年・西方滉貴

初夏の番組発表会、来てくださった方々、本当にありがとうございました! 今回、第2部の司会を務めさせていただいたのですが何週間も前から練習してきて、最後本番だ!ってなった時には、もう終わっちゃうんだなという少し寂しい気持ちでした。 相方と色々話をして時に方向性を見失ってしまう時もありました。 ただ最後は自分達らしい司会が出来たんじゃないかと思います。噛むのは最後まで直らなかったけど… 今回たくさんの経験をさせていただきました。皆さんのご意見、ご感想を活かしてこれからも精進していきたいと思います。またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました。

1年・北本祐也



テーマが「過去」ということで過去に他の人がやったDJを自分が演じてみようというのが出発点でした。しかし番発で見たものを前提にやってしまうのは無論理解してもらえませんので、説明を交えながら本人に再現してもらうことにしました。

内容もやはりテーマに沿ったものが良いだろうということで経験談を多めに、語り掛けるというよりトーク形式で、思っていたことを洗いざらい出してみました。

作品を見てもらうには皆様に興味を持ってもらうことが一番、そう思っています。共感してもらう というのは興味を持ってもらう一番簡単な方法であると思います。"放研"ならではのエピソードを最大限に盛り込み、大いに笑っていただいて、共感してもらえたかなと思います。もうDJを見せる立場にはなることはないと思います。最後にこのDJが出来て、自分自身とってもスッキリしています。

今回はたくさんの人に助けられて、T.U.B.E.ではあまりみないバラエティを作らせていただきましたが、企画案が面白いなどの感想もいただきありがとうございました。
もうあと半年しかないですが、また作る機会があれば今度はもっと計画性のあるものにしていきたいと思います!ご来場ありがとうございました!

今回はたくさんの反省点があり、そこを皆さんにしっかりと指摘をいただけて、なんだか申し訳なくなってしまいました。
皆さんから頂いたコメントの中には具体的な改善点かつ、自分にない発想のアドバイスをいただけたので、今後の作品にしっかり反映させていきたいと思います。
とにかく長かったですね。作者も編集中(確か本番二週間前くらい?)に気づいてビックリしました。台本の時点で気づける能力が欲しいです。
また、お褒めのお言葉もいただけたのにはすごくビックリしました。 少しでも方言について何か感じてもらえたのなら幸いです。 ありがとうございました。

《DJ/内藤玲南》
今回は、自分のDJスタイルとは違った新しいスタイルをDJの一部分に入れてみることに挑戦しました。
DJですから、出来る限りマイク1本で語りたかった。
そんな中、、
悩んでる人の偽物の姿、本音、心の中の嘆き、本当の自分、これらを(SD等を使わずに)1人で喋るとしたらどう工夫・演出したら上手く伝わるか?…
この件はとても悩み、こだわりました。結果、ストレートな表現(言葉選び)、いつも以上に“感情表現”にちからを入れる。ということにたどり着きました。
感想で1番多かった意見だと、、
・メッセージ性が深く訴えかけられるものがあった(考えさせられた)
・選曲がすごくいい‼︎!!(マッチしてて)
・曲中の舞台の使い方がそれぞれ違った工夫がされていて良い、(ミュージカル要素、MV)
・照明と相まった演出が素敵でした!
その他にも、ほんとに沢山の賞賛のお声やお言葉をいただき感謝です。
改善点もまだまだ沢山ありました。(伸びしろってことですよね?☆)
これからがとっても楽しみです!
「また#35のDJを観たい!」とのお言葉も沢山いただきました。そう言っていただけてすごく嬉しいです!
可能である間はDJを手段として、沢山のメッセージをお贈りしていきたいです。
最高を上書きするから!もうちょっとだけ待っててください♪
最後に、、ディレクター、ミキサーを中心に、このDJを一緒に創り上げてくれたチームのみんな、自分のDJを観てくれた皆さん、本当にありがとうございました!!!!(ここでも出逢いに感謝。)
では、
-ありのままの自分を好きになって、素直な感情を嫌わないで、
『オリジナルな自分を楽しめ』-RENny
 
《ミキサー/川分葵》
今 回ミキサーとして参加させていただきました、川分です。#35としてもそうですが、私自身初となる番発での作品でした。かっこいい作品だったとの声を多く いただき、本当に嬉しく思います。また一方で、もっとこうしたら良くなる等の助言もいただきました。次回またDJを行う際は、さらに成長したものをお見せ できればと思います。最後になりますが、今回作品に関わってくださった方、作品を観ていただいた方、本当にありがとうございました。
 
《ディレクター/工藤大樹》
自分はディレクターという立場でDJに関わっています。でも、今回のDJは僕が口出す所なんて無かった。そのくらい、DJもミキサーも照明も映像も最高でした。

第3部

第3部司会

1年・大畠由美

初夏の番組発表会にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。 初の番発、初の司会と初めてだらけで本当に緊張しました… ですが、緊張していたのは袖にいた間だけで、舞台に立ってしまったら司会をする以外の選択肢はないのでいつの間にか緊張はなくなっていました(笑)

私達3部司会は衣装が現代ということで私服だったのですが、当日はピンクの服で揃えようとお互いで話していました。 モニターシートを拝見していましたら…なんと! お一人ですが「服装がピンクで統一されていていい感じでした。」とのお言葉をいただきました(’-’*) 気づいていただけて嬉しかったです! モニターシートを書いてくださりありがとうございました。 皆様のご意見を次の機会にいかせるように頑張っていきたいと思います!

1年・袴田紘平

至らぬ所が多くあったと思いますが、今は大事無く終える事ができ、ひとまずホッとしております。 司会とは一体なんなのか?と落ち込んでしまった時も有りましたが、皆様の温かいコメントが、その落ち込みが無駄ではなかったのだと言ってくれている様でとても、とても嬉しいです。 それと同時に、頂いた沢山の指摘は一つたりとも見逃さず、穴が開くほど見つめて、自分の糧とさせていただきたいと思います。 本当にありがとうございました! 今回の経験を無駄にせず、これからの活動に生かして行きたいと思いますので、 是非!これからもT.U.B.E.を宜しくお願い致します。ね!


先日はご来場いただきありがとうございました。チームアットホームです。
物語のようにDJをするというのはあまりないため受け入れられるか不安でしたが、ご意見と共におほめの言葉もいただきとても嬉しかったです。
あのDJが、みなさん自身の人との関係や態度を考えるきっかけとなれば幸いです。